人間関係に悩む

働く女性にとって最も深刻な悩みは職場の人間関係です。看護師についても同様なことは言うまでもありません。

給料、健康、家庭と仕事との両立など女性に共通する悩みは尽きません。看護師は仕事の他に、日々進歩する医学に対する学習・研修や新しい技術の修得を常に追いかけなければならない、という自己研鑽が要求されていますので、他の職業とは違って時間的にも厳しい状況があります。

新人看護師が総合病院などの大きな病院に勤務することになった場合、自分の希望する科に配属されないことで悩むこともあります。また、多くの新人看護師は現場での基礎的な看護医学を修得するため、および、常に新しい医学情報を求めて急性期病院に勤務することになります。しかし、急性期の病院の仕事は厳しく、希望を持って就職したものの、続ける自信をなくしがちな新人看護師は、そこに残って頑張るか、それとも他の療養型の病院や回復期の病院へ転職するかに悩みます。周囲も余りに忙しすぎてなかなか指導できず、病院側にとっても職員の転職は悩みの一つです。

また、看護師の業務は一般に重労働で、中でも夜勤の連続は負担が大きく、肉体的な疲労とともに精神的な負担もあって体調を崩しがちです。休みが取りにくいことも原因します。このような中で、上司、医師のパワハラ、同僚のいろんなハラスメントが重なれば、悩みはますます深くなり、時には鬱病になるなどで退職を余儀なくされる場合もあります。

近年は看護師に対する精神的ケアについて必要性が認識されるようになってきました。インターネットも含め、いろいろの相談機関が立ち上げられています。